『美女と野獣(アニメ)』感想・おすすめ視聴方法

美女と野獣
悩むネコ
悩むネコ

アニメ版『美女と野獣』が気になる!

できれば、家にいながら見る方法も知りたいな。

こんな悩みにお答えします。

『美女と野獣』は、1991年にディズニーによって製作されたアニメーション映画です。

公開当初はVHSでの発売でしたが、2010年にDVDやBlu-rayも発売されています。

本作の原作はフランスの民話。

魔女により「真実の愛を知るまで解けない呪い」をかけられて、醜い野獣の姿となった王子と、美しく聡明な町娘・ベルが紡ぐ、ロマンチックなラブストーリーとなっています。

本記事では、このディズニーアニメ版『美女と野獣』についてご紹介していきます。

本記事でわかること
  1. 『美女と野獣』の基本情報・あらすじ
  2. 『美女と野獣』を見る方法
  3. 作品の感想
  4. SNS上の評価

ちなみに『美女と野獣』を、家にいながら見たい方には、U-NEXTなどの動画配信サービスの無料体験がおすすめです。

どこの配信サービスも、大体2週間〜から1か月間の無料体験期間がありますので、お好きな映画をたっぷり楽しみながら、サービスとの相性を確かめることができます。

それでは初めていきましょう。

無料体験で600円分のポイントをGET!
無料体験中に解約すれば、月額料金は一切不要!

『美女と野獣(アニメ)』の基本情報・あらすじ

「美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション」MovieNEX/予告編
『美女と野獣』の概要
ジャンルロマンス
上映時間84分
公開1991年 アメリカ
監督ゲーリー・トゥルースデイル、カーク・ワイズ
キャストアンジェラ・ランズベリー、ロビー・ベンソン他

魔女の呪いで野獣に変えられてしまった王子。元の姿に戻るには、心から人を愛し愛されなければならない。ある日、そんな彼の下にベルという娘が現れる。家来たちは彼女こそ呪いを解いてくれるのではと期待するが、ベルは野獣の傲慢さに心を閉ざしてしまい…。

引用:U-NEXT
  • アニメ映画史上初!第64回アカデミー賞でノミネート
  • 女性差別のステレオタイプな作品として、一部から批判もある作品
  • 2017年に、エマ・ワトソン主演で実写映画化し話題となった

『美女と野獣』を無料で見る方法

『美女と野獣』を見るなら、動画配信サービスの無料体験の利用がおすすめ。

無料体験期間中に解約すれば、月額料金は一切かかりません。

ここでは、いろいろな動画配信サービスを利用してみた筆者が、『美女と野獣』の視聴におすすめなサービスを、簡潔にご紹介していきます。

U-NEXTなら17万本以上の映画・ドラマが楽しめる!

本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

おすすめポイント
  • 全作品数170,000本(うち140,000本以上が見放題)の豊富なラインナップ
  • 無料体験中でも!600円分のポイント付与(レンタル動画、漫画、書籍に使用可)
  • 新規登録なら、0円で31日間も利用できる!
  • 新作映画がいち早く見られる

U-NEXT(ユーネクスト)の最大の魅力は、充実した作品数と無料ポイント!

有料会員は毎月1,200円分、無料体験期間中でも600円分のポイントがもらえます

新作の取り扱いも早いので、話題の最新作をいち早く見たい人にもおすすめです。

詳細 >>U-NEXTの無料体験をおすすめする5つの理由

なおアニメ版『美女と野獣』は、330円分のポイントでレンタル可能です(2020年4月現在)。

こあら
こあら

『美女と野獣』をポイントでレンタルすれば、かなりお得に視聴できます!

無料ポイント利用で『美女と野獣』を見る

30日間無料でU-NEXTをおためし

無料体験中に解約すれば、月額料金は一切不要!

『美女と野獣』の感想

超有名作品である、アニメ版『美女と野獣』。

もちろん筆者も幼少期に見た記憶はありますが、「細かいところは忘れてるな〜」と言うのが正直なところ。

そこで大人になって、改めて視聴してみた感想を簡潔にご紹介したいと思います。

感想①:分かりやすいストーリーやキャラ設定!

やはりディズニー映画の良い点は、基本的にハッピーエンドで、かつ分かりやすいストーリーであるところです。
本作でも、もちろんその良さは健在。

映画の冒頭部分の、童話チックな導入部分を見るだけで、王子が野獣になった理由、呪いを解く条件、解除までのタイムリミットが存在することがわかります。

この前提条件を、視聴者が全員理解できているため、中盤以降のヒロインであるベルと、野獣の関係性の変化に対して、深く感動できるようになっています。

こあら
こあら

難解な映画だと、視聴者が置いてきぼりになりがちですが、ディズニーアニメはそれが無いのでいいですね。

また、各キャラクターの設定も、登場シーンを見るだけで理解できるところが素晴らしい。
特に分かりやすいのは、ベルの登場シーンです。

このシーンでは、ベルは町中の人から「美しいが、本ばかり読んでいる風変わりな娘」として扱われており、ベルが「美しく聡明ではあるが、街には溶け込めていない」存在であると表現されています。

このように、ディズニーらしく明快なストーリーとキャラ設定で、物語にぐいぐい引き込まれるところが、『美女と野獣』の良さのひとつであると思います。

感想②:ミュージカルシーンが素晴らしい

ディズニー映画全般に言えることですが、『美女と野獣』の歌やダンスなどが含まれた、ミュージカルシーンは本当に秀逸です。

見所となるシーンはたくさんありますが、やっぱり心にグッとくるのは、ベルと野獣がダンスを踊る場面です。
有名なシーンなので、本作を見たことがない人も、一度は目にしたことがあると思います。

ベルの鮮やかな黄色いドレスと、野獣の青いタキシード。
踊る二人を、360°から映し出すカメラワーク。

最初はマイナスの感情から始まった二人の関係を考えると、このロマンチックなダンスは本当にグッと来る場面です。

感想③:野獣の変化に心が温まる

陰鬱とした城に住む、傲慢で粗暴な野獣と、そんな彼に囚われたベル。
二人の関係性の始まりは、当然最悪なものでした。

しかしお互いの優しさに触れ、だんだんと距離が近づいてきた時の、野獣の変わりっぷりはとても微笑ましく、心温まります。

<br>こあら

こあら

関係性が進展するにつれて、徐々に明るく華やかに変化していく城も、まるで野獣の心境を表しているようです。

野獣の変化が顕著なシーンは、監禁状態を解除して、父のもとにベルを送り出す場面だと思いますが、私が一番心に残っているのは、ベルと一緒に小鳥へと餌を差し出すシーンです。

このシーンでは、「今まで自分を恐れ近寄ってこない存在に対し、怒りをあらわにしていたような傲慢な野獣が、ベルの導きにより変化していく」という姿が、はっきりと描かれています。

 以前は周囲に高圧的だった野獣が、自分よりも小さく弱い者に対し、優しくお茶目に接している姿には、誰しも温かな感情が胸に広がるはずです。

アニメ版『美女と野獣』の評価(若干ネタバレあり)

本作の評価をSNSで集めてみました。

以下ネタバレなのですが、感想のほとんどは「野獣は人間の姿より野獣のままの姿の方が良かった」という声でした。

確かに、映画で見る分にはもふもふで可愛いですし、出会った姿で愛し合って生きて欲しいと思う気持ちもありますね。

しかし本作は、「見た目で人を判断してはいけない」というメッセージ性の込められた映画。

なので、SNSでも多く見られた意見ですが、私も「どんな姿でも変わらずベルは王子を愛せる」という、本作のオチがベストだったと思います。

まとめ

本記事では、『美女と野獣』のアニメ版の、感想やおすすめの視聴方法をご紹介しました。

アニメ版『美女と野獣』は、四半世紀近く愛される名作アニメ映画です。

金曜ロードショーなどのTV放送を見逃した方は、ぜひU-NEXTなどの動画配信サービスの無料体験を利用して、お得に視聴してみてください。

美女と野獣』をお得に見るなら
無料体験中に解約すれば、月額料金は一切不要!
タイトルとURLをコピーしました